おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

キャンプ日本昔話

キャンプ日本昔話【浦島太郎】

キャンプ日本昔話 『浦島太郎』 ある晴れた秋の日のことでした。 浦島太郎という一人の若者が、和歌山県の海岸沿いにある浜辺のオートキャンプ場でソロキャンプをしていました。 浦島が昼間から焚き火をしていると、隣のサイトの子供達が、ファイヤーブラス…

キャンプ日本昔話 桃太郎③

前回②の続き→前回こちら 桃太郎は、山井、小川、新富士の3人を引き連れて、Oサイトに到着しました。 そこでは、若者達が、下記1〜3のとおりのマナー違反を行なっていました。 1. 焚き火台を使わずに、地面で直に焚き火をしていた。 2. 大音量で、よく分から…

キャンプ日本昔話 桃太郎②

前回の続き →前回へ 鬼退治(キャンプ場の端にあるOサイトへマナーの悪いキャンパー達を懲らしめ)に行くことになった桃太郎。 ババア『桃太郎や。これを持っておゆき。』 そういってお婆さんは桃太郎にキャンプ場近くの温泉の割引券を渡しました。 桃太郎は…

キャンプ日本昔話 桃太郎

むかしむかし ある高規格オートキャンプ場で、お爺さんとお婆さんが長期キャンプをしていました。 お爺さんは、連泊で薪代がバカにならないので芝刈り(薪拾い)に行きました。 しかし、さすが一泊6500円の高規格だけあって、場内には薪になりそうな木が落ち…