おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

キャンプ日本昔話 桃太郎

f:id:rakujirou:20190609225338p:image

むかしむかし

 

ある高規格オートキャンプ場で、お爺さんとお婆さんが長期キャンプをしていました。

 

お爺さんは、連泊で薪代がバカにならないので芝刈り(薪拾い)に行きました。

 

しかし、さすが一泊6500円の高規格だけあって、場内には薪になりそうな木が落ちていませんでした。

 

 

お婆さんは、連泊で溜まった洗濯物を洗いに場内のコインランドリーに行きました。

 

しかし、高規格といっても所詮キャンプ場。

 

置いてある洗濯機が小さくて汚いにもかかわらず、料金が高かったので諦めました。

 

お婆さんは、スマホで「OK  Google  近くのコインランドリー」と検索し、キャンプ場近くのコインランドリーに行きました。

 

 

お婆さんは、洗濯乾燥70分の間暇でした。

 

そこで、お婆さんは、キャンプ場内に流れている小川のほとりに座り、老人らしくぼんやりすることにしました。

 

 

この小川はキャンプ場のホームページに「夏は水遊びに最適」と書かれていました。

 

しかし、真夏でもない限り、冷たくて入っていられないため、誰もいませんでした。

 

 

お婆さんは一人でたたずんでいました。

 

ババア『爺さんも歳をとったもんだ。ヘキサタープひとつ張るのに30分もかかるなんて・・・。』

 

ババア『しかもテントとの位置を考えずに設営するからポールが邪魔で仕方ないわ。きっと高齢で判断能力が鈍ってるからだな。こりゃ運転免許の返納も考えなきゃいかんなぁ。』

 

お婆さんが、お爺さんの判断能力の衰えをなげいていると

 

 

小川の川上から

 

 

大きなスチールベルト(※コールマン製のクーラーボックス)が

 

どんぶらこ

 

どんぶらこ

 

と流れてきました。

 

ババア『あれまぁ、大きなスチールベルトだこと。新作かしら?それとも中華製?』

 

お婆さんは川からスチールベルトを拾い上げサイトに持ち帰ることにしました。

 

 

お婆さんがサイトに着くと、

 

お爺さんが何とか拾い集めた小枝で、しょんぼりと焚き火をしていました。

 

 

 

お婆さんがお爺さんと早速スチールベルトを開けてみると、

 

 

中には、LOGOSの氷点下パック−16℃の保冷剤と、数本の缶ビール。

 

それと、玉のような赤ちゃんが入っていました。

 

 

ジジイ『あれまぁ、赤ん坊でねえか。』

 

ババア『さすがスチールベルトと氷点下パック!キンキンに冷えてやがる。』

 

 

お爺さんとお婆さんは、キンキンに冷えた缶ビールと、キンキンに冷えた赤ん坊を取り出しました。

 

そして、二人で缶ビールを飲みながら、赤ん坊を焚き火のそばで暖めてやりました。

 

 

キンキンに冷えていた赤ん坊の体は徐々に温まりました。

 

そして、温まるにつれて、赤ん坊はグングンと成長していき、

 

二人が缶ビールを飲み終えるころには小学6年生ほどの大きさに成長しました。

 

ジジイ『これはどういうことじゃ。』

 

ババア『爺さん。きっとこの子は子供がいない私たちに、神様が与えてくださったんじゃ。』

 

ジジイ『そうじゃ。キャンプの神様が夫婦でのキャンプを卒業して、そろそろファミリーキャンプをしろと言うとるんじゃ。』

 

 

 

二人は赤ん坊に名前を付けることにしました。

 

 

 

ジジイ『スチールベルトから産まれたから、スチールベルト太郎?』

『それともクーラーボックス太郎かのう?』

 

 

ババア『語呂が悪い!』

 

 

 

ジジイ『じゃあ、桃太郎で!』

 

ババア『うん、桃太郎で!』

 

 

こうして、桃太郎と名付けられた少年は、二人の子供として一緒にキャンプすることになりました。

 

 

お爺さんは管理棟に行き、人数が増えたことを管理人に伝え、子供料金を支払いました。

 

 

お爺さんがサイトに戻ると、桃太郎とお婆さんがもめていました。

 

 

ババア『桃太郎!今なんて言ったの?どこに行くって!?』

 

 

桃太郎『鬼退治です。おばさん。』

 

ババア『おばさんって・・・。』

 

桃太郎『失礼しました。お姉さん。』

 

ババア『いや、そうじゃなくて・・・。』

『ほら、あなたは私たちの子供になったんだからさ、ほら、他人じゃないって言うか、親って言うか。』

 

 

桃太郎『そうですね。おかあさん・・・。』

 

 

ババア『そうそう。おかあさんだよね。まぁ歳も歳だからママって言うのは無理があるかなぁ。』

 

『でも、私はママって呼んでもらっても構わないんだよ。』

 

 

桃太郎『じゃあ、ママ。僕はこれから鬼退治をしに鬼ヶ島へ行ってきます。』

 

 

ババア『あら、そう。行ってらっしゃい。』

 

ジジイ『イヤ、待て待て。』

          『どこに行くって?』

          『鬼ヶ島?』

          『鬼退治?』

 

 

桃太郎『このキャンプ場の端にあるOサイトで、マナーの悪いキャンパーがいるらしいんです。』

 

 

ジジイ『で?』

 

 

桃太郎『そのキャンパー達を懲らしめに行くんです。』

 

 

ジジイ『それが何で鬼ヶ島と鬼退治になるの?』

 

 

 

桃太郎『だって桃太郎ですから。』

 

 

 

こうして、桃太郎はキャンプ場の端にあるOサイトへ、マナーの悪いキャンパー達を懲らしめに行くことになりました。

 

続きを読む前にポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

続き