おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

キャンプ日本昔話 桃太郎③

前回②の続き

→前回こちら

桃太郎は、山井、小川、新富士の3人を引き連れて、Oサイトに到着しました。




そこでは、若者達が、下記1〜3のとおりのマナー違反を行なっていました。



1. 焚き火台を使わずに、地面で直に焚き火をしていた。


2. 大音量で、よく分からない重低音の音楽を流していた。


3. 他人のサイト内を平気で横切っていた。



これらを目の当たりにした桃太郎は激怒しました。




桃太郎『お前らの血は何色だ!!』


桃太郎『キャンプを楽しみに来ている人達から見れば、お前達は鬼だ!』


桃太郎『鬼退治じゃあ〜!!行くぞ3人とも!』



桃太郎達はマナー違反の若者たちに襲いかかりました。



まずは、山井が一人の若者(以下「若者A」)
に近づき元気よくと話しかけました。




山井が何かセールストークをしているようです。



若者A『・・・じゃあ、買おうかな。』



山井『ありがとうございます!』



どうやら、若者Aは、山井からキャンプ用品を購入したようです。


桃太郎は、山井の事を、スポーツオーソリティの店員だと思っていましたが、どうやらsnow peakの店員だったようです。



若者Aは、snow peakの商品でキャンプ用品を一通り揃える事になったようです。




桃太郎が、羨ましいなぁ。と思っていると、若者Aの顔色が、見る見る青ざめていきました。



若者Aは、snow peakの「別売り」を舐めていたのです。



若者Aは、用品全部の総額を聞いて、心に大きなダメージを負いました。



snow peakは、若者には早過ぎたようです。


若者Aは、その場に倒れ込みました。





続いて、小川が若者Bに向かって行きました。


小川は、自分のスマホで、あるキャンプ用品の紹介ページを若者Bに見せているようです。




しばらくすると、なぜか、若者Bがその場に倒れ込みました。



小川が見せていたのは、過去の「Ogawa」製品の紹介ページだったのです。



若者Bは、『これ欲しい!』『これ良いじゃん』と何度も食い付いていたのですが、


それらの商品たちは、全て廃盤になっていたのです。


若者Bは、それらの過去の商品が欲しければ、ヤフオクなどで高値でしか購入できない事に、大きなショックを受けたのでした。




続いて、新富士が若者Cへ近づき、持っていたバーナーを見せびらかしています。



若者Cは、そのバーナーに興味を持ったようです。



しかし、新富士が何やら囁くと、若者Cは半ギレして、どこかに行ってしまいました。



どうやら、新富士が持っていたのは、SOTOのバーナーで、


若者Cは、SOTOのロゴを見て、オシャレな海外製かな? と思ったのに、



愛知県蒲郡市で創業したメーカーの商品だと知り、勘違いした自分に腹が立ったのです。





そして、最後に桃太郎が、ひときわ態度の悪い若者Dに近づき言いました。




桃太郎『お前達は、キャンプをする資格がない!!』


桃太郎『キャンプとは、己の精神を極限まで研ぎ澄まし、自然と一体化する事で、地球の大きさ、温かさを知り、』

『同時に、過去の自分の小ささ、浅はかさを省みる。』

『そして、最後に地球と一体化して、己の魂の浄化を図るために行うものだろうが!!』




山井、小川、新富士『それは違う・・・。』



若者D『なんか怖いわ・・・。』


若者Dは逃げ出しました。





こうして、Oサイトに平穏が訪れました。



めでたし

めでたし




終わり


ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング