おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

キャンプ標識⑤





北欧では「神々の戯れ」と言われている『キャンプ標識』


今回の標識は、みなさん見たことがあるのではないでしょうか?



ではどうぞ








f:id:rakujirou:20190723224541p:plain



ワンポールテントは巨人に襲われます








◎ピルツ、スピアヘッド、CIRCUS、ナバホTepee、Alfheim、ビッグワンポールなど


大小様々なワンポールテントがありますが、大きさや、色、値段に関わりなく一律襲われます


目撃者の証言では、巨人の身長は5メートル程で、手に大きなスコップを持っているそうです。





◎巨人は深夜遅くに山の方から現れますが、山のどこからやって来るのか、なぜスコップを持っているのかは分かりません。


夜中に突然、スコップでワンポールテントを突き刺して来るのです





◎なぜかワンポールテントばかりが狙われ、他の形のテントには目もくれないのです。


自衛隊への派遣要請をしてはいますが、襲われたら間違いなくポールが折られます。


巨人はワンポールテントの唯一のポールを折る事に至上の喜びを感じるらしく、折るだけで満足して帰っていくため、今のところ怪我人などは出ていません。



しかし、唯一のポールを折られたらワンポールテントの行く末は想像の通りです。




◎このワンポール巨人は、飛騨高山地方にのみ生息しているようで、他の地方での目撃情報はありません。



◎飛騨高山と言えば、さるぼぼ合掌造りが有名ですね。


最近では、映画『君の名は』の舞台になり、聖地巡礼で賑わったそうです。


飛騨高山地方では、昔から災いを避けるおまじないとして『わんぽうる、わんぽうる、ものぽうる、つうぽうる、のうぽうる』という言葉が言い伝えられているとかいないとか。



現地では、このおまじないがワンポール巨人と関係があるのではないかと推測されています。




◎飛騨高山の山奥にある一棒寺(いちぼうじ)では、毎年大晦日の夜、折られたポールの供養を行なっています。


巨人に折られたワンポールテントのポールが多数運ばれて来るそうです。



◎最近、ある人気YouTuberが『ワンポールテントで巨人に襲われてみた』という動画を公開しましたが、カメラに映っていたのは、身長の高いハゲたお爺さんにYouTuberが襲われている様子だけだったため、かなり炎上したそうです。



◎今回、一棒寺の住職さんに話を聞くことができました。


住職『私はキャンプをしないので、テントの種類は詳しくありません。』

『ワンポールっていうのが、一つの棒ということで、この一棒寺で供養させてもらっています。』


『Nordiskやピルツ19や23のように、大型幕のポールは太いので、供養も大変です。』


『私はご覧の通り身長も高く、高齢のわりに力もあるので、大型幕のポールを何本も同時に運ぶ事ができますが、こんな太いポールを折るのはなかなか大変なのではないかと思います。』


『私個人の感想ですが、ワンポールテントは浮かれているキャンパーのイメージが強いので、イライラしてポールを折りたくなる気持ちも分からなくはないかな。』





◎巨人がなぜワンポールテントばかり狙うのかは未だに謎ですが、飛騨高山地方へキャンプに行く際には、ワンポールテントは避けた方がよいのかもしれないですね。



◎また、一棒寺の巨人避けの御守りをテントの入り口に掛けておくと、なぜか巨人に襲われないらしいので、購入してからキャンプ場にいくのも良いかもしれません。


御守りは一つ2,500円ですが、ポールを折られることを考えれば安いものですよね。

※追記
最近、一棒寺で住職の交代があり、なぜか現在この御守りは取り扱っていないそうです。





(注意)
この標識を見かけたらワンポールテントの方はご注意ください。

元住職は山から現れます。




ランキングに参加しています。

下のバナーを押すと、一棒寺の御守りと同じ効果があるらしいですよ。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング