おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

とにかく広い【酸ヶ湯温泉&モヤヒルズ】 東北キャンプレポ 週刊失敗キャンプ part27

 
東北キャンプ旅行レポ 第三弾の
 
後編
 
 

ここまでのあらすじ

 
久々に会った双子の兄の髪型がツーブロックだった事にショックを受けた勇者ダイターンこと速水さとし。
 
 
 
「中間テストどころではなくなった」と書き置きを残し旅に出る。
 
 
 
しかし、それは容易な旅ではなかった。
 
 
 
行く先々で待ち受けるクロネコヤマトからの不在票。
 
 
再配達の予定が立たない苛立ちは我慢の限界を超えた。
 
 
世の中には瞬間湯沸かし器というあだ名のサラリーマンが多すぎる。
 
 
『瞬間湯沸かし器は時代遅れだ、ジェットボイルと呼べばいい。』
 
 
そんな想いを手紙に書き母に送る。
 
 
 
こうしてさとしはサスーンクオリティの恩恵を受けながら、何とか修行の地であるSeriaまで辿り着いたのだった。
 
 
 
 
『待っていたぞ。さとし。いや、我が息子ひろまさよ。』
 
 
Seriaのレジで並んでいた時、さとしに声をかけてきたのは、見知らぬ初老の男性だった。
 
 
 
さとしが会計を済ませると、その男の姿はなくなっていた。
 
 
さとしは呟く。
 
 
 
アウト×デラックス・・・今日だっけ?』
 
 
 
〈次回予告〉
 
『長身のおじいちゃんは何だか怖い。』
 
 
 
 
 
 
あっ!!
 
 
すいません。これ違うやつだ!
 
 
 
 
コッチでした。
 
前半はコレ
 
 
続きです。
 
 
 

モヤヒルズキャンプ場


〈所在地〉
青森県青森市雲谷字梨野木63

青森市内から30分ほどで着くので行きやすい!

(ウチからは1000km以上あるけど。)
 
 

モヤヒルズ キャンプ

 
◎冬はスキー場のため、施設がドでかい。
 
 
f:id:rakujirou:20190908074109j:image
しかも空いている。
 

というか、我々の他には2組ほどしかいなかった。

 
 
 
◎サイトは綺麗な芝
 
 

モヤヒルズ サイト 芝




十和田市現代美術館で現代美術に打ち負かされた我々の足取りは重く
 
 
(車なので関係ないですが・・・)
 
 
モヤヒルズへの到着は予定時間を大幅に過ぎていた。
 

この時点で5時を過ぎており

ローラーリュージュの営業時間は終わっていたのだった。
 
 
残念。
 
 
 
 
 
何だかカッコいい名前のローラーリュージュをやりたかった。
 
 

アトミックサンダーボルトだっけ?
 
 
(それは聖闘士星矢の必殺技でした。)
 
 
 
 
 

(それはご存知、劇場版うる星やつら2のサブタイトルでしたね。)
 
 

センチメンタルバスでしたっけ?
 

39度のとろけそうな人達ですね。)
 
 
 
 
そう
 
 
 
 
もはや本当の名前なんてどうでもいいんです。
 

だって、やれなかったんだから。
 
 
 
 
十和田市現代美術館はパスしておけばよかったかも・・・
 
カッコつけて現代美術とか見に行くから・・・
 
 
 
 
 
 
 

気を取り直して
 
サクッと設営

ケシュア リビングタープ



 

視界に誰もいないキャンプ場の夕焼けは綺麗でした。
 
 

 
 
 
 
そう言えば・・・

夕焼けを見ると、なぜかアニメの『一休さんを思い出すんですが
 
私だけでしょうか?
 
 
 

あのクソ生意気な坊主と日本人離れしたアゴ割れ侍が・・・。
 
 
 
幼少の頃に何かあったのでしょうか?
 
 
 
 
心の病??!!
 
 
 
何らかのトラウマ?!
 
 
 
 
 
まあ、生きてて何の問題もないんですけど、フッと頭の片隅をよぎるんですよ。
 
 
 
まあ、どうでもいいことなんでレポ続けます。
 
 
 

炊事場棟

モヤヒルズ 炊事場

 

洗面台

 

 

洗い場



 
ガスコンロが使える調理場があります。
 

モヤヒルズ ガスコンロ

モヤヒルズ ガスコンロ 説明

 
邪道かもしれないけど、便利でした。
 
酸ヶ湯温泉に行くため、朝の出発が早かったので
朝ご飯はここで作っちゃいました。
 
 
 

トイレ

モヤヒルズ トイレ




施設は古いけど、清潔にされてました。
 
 
 

お•ふ•ろ

 
キャンプ場にお風呂がないので

近くの温泉へ
 
 
キャンプ場にお風呂がないのは痛いですが
モヤヒルズの場合は管理棟までも遠いので結局車に乗るから一緒です。
 

 

 


カッパの湯

 
モヤヒルズから車で10分で着きます。
f:id:rakujirou:20190907151237j:image
ついでに街で買い出しもしちゃいました。
 
 
 
 
 
 生意気そうな子供が風呂上がりにsupremeのTシャツを着ていたのが印象的でした。
 
 
 
おっと失礼。
「生意気そう」というのは個人の主観に過ぎず表現が悪かったので訂正します。
 
 
 
正しくは
『襟足だけ髪を伸ばした男の子』です。
 
客観的に描写しないとね。
 
 
 
あとは

露天風呂に子供用のプール風呂がありました。
 
『泳いじゃダメっ!!』って怒らなくて済むのでいいですね。
 
 
 
なぜか、プールでずっと座って半身浴をしているジジイがいました。
 
 
『これが老害かぁ』と思いました。
 
 
 

酸ヶ湯温泉

翌朝
 
 
目的地である酸ヶ湯温泉へ到着。
 
 
 
f:id:rakujirou:20190906124237j:image
 
モヤヒルズからは山道でした。
 
 
ここで失敗が一つ。
 
 
ガソリン残量がヤバい。
 
 
 
北海道や東北にキャンプ旅行へ行く時には、気をつけなければいけない
ガソリンスタンド少ない問題。 
 
 
 
モヤヒルズを出る時には気づいていたんですが
 
「まあ、酸ヶ湯温泉だって有名な観光地だから、ガソリンスタンドくらいあるんじゃね?」
 
 
と軽い気持ちで向かってしまいました。
 
しかし

酸ヶ湯温泉のフロントで聞いてみると
 
 
青森市内まで行かないとないね。3、40分かかる。」との回答。
 
 
次の目的地は青森市内とは反対方向。
 
ガソリン残量に不安を覚えながらの入浴となりました。
 
 
 
 
結局、なんとかガソリンは持ちましたが
 
ヒヤヒヤしました。
 
 
 
よくやる失敗の一つです。
 
 
過去の失敗から何も学ばないあたり
 
さすが週刊失敗キャンプ編集部といったところですね。
 
 
 
 
 
千人風呂
f:id:rakujirou:20190906124328j:image
 
 
一瞬
 
ビバ千人風呂!
 
に見えます。
 
 
VIVA(ビバ)は万歳・最高というイタリア語・スペイン語なので、まんざら間違ってない。
 
 
しかも「ドリフターズのいい湯だな」でビバノンノとか言ってるし
 
 
「お風呂に使う言葉としては適切だ」などと一人で納得。
 
 
でも
 
混浴なので1000人入ると、男女500人ずつですかね?
 
確かに大きなお風呂ですが
 

本当に1000人入ったら
もう、ぐちゃぐちゃになりそうです。
 
 

お湯

 
舐めると酸っぱい
 
けっこうな硫黄臭
 
入浴後も臭いが残ります。
 
 
※私の好きな硫黄臭がする温泉に、別府の別府温泉保養ランドという泥湯の温泉があるんですが、そこほどの硫黄臭ではありませんでした。
 
 
酸ヶ湯温泉の硫黄臭は、私は好きな匂いですが、ほどほどに臭いです。
 
 
 

料金

1000円/一人
タオル付きの料金設定になっていたので、思い切ってタオルは使い捨て(回収ボックスへIN)できます。
(バスタオルはレンタル)
 
持ち帰って洗濯しても匂いが取れないどころか、他の依頼に匂いがついてしまうのでやむを得ません。
 
 
匂いがついてしまうと・・・
 
年頃の娘に『お父さんの服と一緒に洗濯しないでって言ったじゃない!』
 
といわれなく責められ傷つくことになるかもしれません。
 
 
しかも
「お父さんの匂いじゃなくて、硫黄臭だよ。」と言っても
 
『どっちも同じでしょ!!』
と言われ、二重で傷つくことになるかもしれない。
 
 
使い捨て、歓迎です。
 
 
 
以上
 
東北キャンプレポ  第三弾でした。
 
 
 
それでは
 
次回の『羽ばたけ!(鳩のように)勇者ダイターン』をお楽しみに!!
 
 
 
 ※そんなのやってません。
 
 
 
面白かったら下のバナーを押してね。