おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

ルーフラックの使い方【まいっちんぐ冬キャン先生】LESSON6

まいっちんぐ冬キャン先生の冬キャンプ入門講座


LESSON6

ルーフラックの使い方

前回はルーフラックの選び方まで説明したけど、覚えてるかな?



ケン太くん
後半の記憶があまりないんだ。


冬キャン先生
amazonの梱包材」とか言ってたからね。
ケン太くんと同じ様に覚えてない人はこちらから思い出してね。
rakujirou.hatenablog.com


ケン太くん
あっ!
思い出したよ。加齢臭だ!


冬キャン先生
もうその話は終わりだ。

今回は『ルーフラックの使い方』を説明しよう。


まずは踏み台(ステップ)だ。

屋根の上に荷物を載せたり下ろしたりするのにはどうしても踏み台がなければ難しい。


身長が恐ろしく高かったり、車の車高が恐ろしく低い場合は除くけどね。


ケン太くん
じゃあ、黒田なら大丈夫だね。


冬キャン先生
黒田って誰だい?君の知り合いか?


ケン太くん
僕の相方だよ。知らない?


冬キャン先生
ケン太くんの相方の黒田くんなんて知らないよ。


・・・・・


ちょっと待て!君、ひょっとして『ケン太』じゃなくて、『けんたろう』なのか?


ケン太くん
苗字は小渕だよ。



冬キャン先生
小渕けんたろう・・・

黒田の相方の小渕健太郎


コブクロじゃないか!




ケン太くん
まあ、だけどね。



冬キャン先生
うん!知ってる!



ALL TIME BEST 1998-2018

ALL TIME BEST 1998-2018




踏み台(ステップ)

冬キャン先生
荷物をルーフに載せたり、降ろしたりするには踏み台がないと厳しいよ。


ケン太くん
菅田将暉福士蒼汰で言うと仮面ライダーだね。


冬キャン先生
そういうステップを踏む人もいるけど、嫌な言い方するね。

ケン太くん
水嶋ヒロ絢香はどっちが踏み台なのかな?



冬キャン先生
どちらでもないよ。お互い高め合ってる関係性なんじゃないかい?

そんなことよりルーフラックの話だよ。



ケン太くん
そうそう。ルーフラックね。
踏み台を使うって事は、持ってかなきゃいけないんだね。
また荷物が増えるね。



冬キャン先生
そうなんだ。せっかく荷物をルーフに載せても、その代わりに踏み台をトランクに載せなきゃならないんだよ。


ケン太くん
じゃあ、小さい物が良さそうだね。大きな脚立を持って行くんじゃ何のためにトランクを空けたか分からないもんね。


あれっ?
街中でルーフに長い脚立を載せている車をよく見るけど、アレって、載せるための脚立をもう一つトランクに入れてるのかな?


冬キャン先生
そういう人もいるだろうけど、基本そんな事はないと思うよ。

脚立だけなら踏み台がなくても載せられるけど、いくつもの荷物を場所を調整しながらルーフに載せて固定するには踏み台がないと難しいんだ。


だから、キャンプ用品を載せてしっかり固定するには踏み台は必須だ。


そうすると、キャンプ用品に加えて踏み台を別に持って行かなきゃならないように思えるんだけど、ここで発想の転換をしよう。



ケン太くん
はっそうのてんかん
分かった!郵送すればいいんだ!



冬キャン先生
アホな事言ってんなよ!
『発送』してどうすんのさ!
もう、それも親父ギャグだからね。君の嫌いな加齢臭がそうさせるのかな?



ケン太くん
ごめんよ。ホントは分かってたんだ。
発想を転換して、余分に踏み台を持っていくんじゃなくて、持っていくものを踏み台にするんだね。



冬キャン先生
そういうことだ。


ケン太くん
持っていく物で人が上に乗れるものだね。


分かった!ボックスに乗ればいいんだ!キャンプ用品をRVボックスに入れて持っていくから、それに乗ればいいんだ。
そのRVボックスをルーフに載せるのにRVボックスに乗って・・・。
あれ?なんかオカシイ・・・。



冬キャン先生
そうだね。今度はナチュラルにボケてるみたいだね。
ボックスをルーフに載せるなら、ボックスに乗れないよね。


でも、発想はそういう事だ。


私はキャンプ場で棚として使える踏み台を使っているよ。

つまり、棚にもなる脚立を持っていくんだ。


収納時の事を考えれば薄くなる物がいいから、オススメは踏み板が大きく、薄くなる物だね。


例えばこんなのとかね。



私はこんなのを使ってるよ。

折り畳むと結構薄くなるんだ。



まあ、車高がそれほど高くない車なら、小型のステップでも充分だし、ウォーターバッグやジャグ置き場にもなるね。


例えばこんなのとか。



ルーフバッグ

冬キャン先生
さっきケン太くんも言っていたけど、ルーフにRVボックスを載せている車をよく見るよね。ルーフラックと言えばRVボックスのイメージがあるよね。


私も最初の頃はRVボックスを載せてたんだ。
こんなのとかね。


確かにボックスなら固定がしやすく、あまり重くない物なら積み降ろしが一気にできて楽だし、小さい物でもルーフに載せられるからね。


RVボックスのデメリット

冬キャン先生
でも、RVボックスには色々とデメリットもあるんだ。


まず、①ボックス自体の重さがある点

プラスチックとは言え、複数のボックスを載せるとなるとそれなりの重さにはなる。
少しでも軽くしたいならその程度でも馬鹿にならない。


ケン太くん
へぇ〜、そうかなぁ。ボックスなんて軽いじゃん。重さってどれくらいなのさ?


冬キャン先生
もちろん物によって違うけど、アイリスオーヤマのRVボックス600で2.6kgらしいよ。
コレを2つ載せただけで5kgだよ。


ケン太くん
えぇ!案外重さがあるんだね。



冬キャン先生
次に、②中に入れる物が限られる点


積載重量に制限があるなら重い物を入れられないのは当たり前だね。


それ以外にも雨水が侵入してくる危険があるから、電化製品が入れられない事も挙げられる。


ケン太くん
なんでだよ!フタが閉まってりゃ雨水なんて入ってこないだろ?
『フタをしても濡れる』って、何かの禅問答かよ!



冬キャン先生
隙間から入ってくるんだと思うよ。

もちろんボックスがどんな物かにもよるけど、上蓋が大きく下枠にかぶさってる物でも、結構中まで浸水してくるんだ。



ケン太くん
ええっ!!下から入ってくるってこと?
あぁ!そうか!高速道路だと側面に付いた雨水が風圧で隙間に入り込むんじゃない?



冬キャン先生
いや、知らん。

見たわけじゃないから、適当な事は言えないよ。


ケン太くん
なんだよ!急に突き放すなよ!
せっかく乗っかってやったのに!


ルーフバッグをオススメする理由

冬キャン先生
だからオススメはルーフバッグ

特に、軽い物を大量に載せたいのならボックスよりもバッグが使いやすいよ。



積載重量がギリギリで少しでも軽くしたいならバッグに布製品やシュラフなんかを入れるといいよ。


大きいバッグはRVボックスよりも入れやすいしね。


私が使っているものは、ジッパー部分を上から被せるようになってて確実に防水できるよ。

ちなみに、今までに一度も水が入って来たことはない。


ボックスを持っていない場合や、雨水の侵入の可能性があるRVボックスしか無い場合はルーフバッグを検討してみたらどうかな?



ルーフバッグを勧めるもう一つの理由は、使わない時に場所を取らない事だね。


バッグなら、畳んでしまっておけるから、使わない時の収納は楽チンだよ。


コレと正反対なのが、ルーフボックスだね。




使わない時にあんな大きな物を家に置いておくのは大変だよね。
だから、載せっぱなしの人が多いんだろうけど、劣化するし、燃費にも響くよね。


まあ、いちいち固定しなくていいし、出し入れするのにはルーフボックスが一番楽なのは間違いないんだけどね。




ルーフバッグを使う注意点

冬キャン先生
テントやタープのように、一見すると乾いていても、実は水分を含んでいる物を入れておくと、蒸発して中がビチャビチャになるから気を付けよう。


特に陽射しが強いと中の水分が蒸発しやすい。

密閉されているから、水が侵入しなくても中が濡れるんだ。



ケン太くん
へぇ~。あれだね。無人島で水を作るみたいなことだね。
じゃあ、ルーフバッグを無人島に持っていけば安心だね。



冬キャン先生
勝手にすればいいよ。
無人島にルーフバッグを持っていくなら水を持っていけばいいじゃないか。


ケン太くん
なんだよ。
さっきからノリが悪いっていうか、冷たくないか?



冬キャン先生
もうすぐ終わるんだよ。


ケン太くん
何が?

冬キャン先生
このコーナーだよ。
ルーフラックの説明が終われば冬キャン先生のLESSONは終わりなんだ。


ケン太くん
そうなんだ・・・。
寂しくなるね。
他に冬キャンプの引き出しはないの?


冬キャン先生
無いこともないが、作者が飽きちゃったんだよ。


ケン太くん
じゃあしょうがないね。
最後くらい元気に行こうよ。


冬キャン先生
そうだね。


さっきの続きだけど、ルーフバッグの中に湿った物を入れておくとビチャビチャになるんだよ。


あれだよ。漏らしてないのに、お尻の汗でパンツが漏らしたみたいに濡れる事ってあるだろ?
あれと似ているね。


夏の炎天下なんて、びっくりするほどビシャビシャになるから焦るよ。



パンツの話じゃないよ。



ケン太くん
元気に下ネタかよ!



ラチェットベルト


SUN UP 荷締めベルト 2m

SUN UP 荷締めベルト 2m


荷物を載せたら固定しなきゃ危険だよね。

さっきのルーフバッグには固定ベルトが付いてるんだ。
だからベルトを用意しなくてもルーフラックとバッグを固定することはできる。


でも、バッグの中身は固定されてない

だから物によっては、バッグの中でガタガタ動いてしまうんだ。

荷締めベルトを何本も使ってしっかりと動かない様に固定しよう。

キャンプ用品くらいの重さなら、安いベルトで充分だよ。


ケン太くん
仮面ライダーで言うと、半田健人要潤のベルトって事だね。


冬キャン先生
君は仮面ライダー俳優に恨みでもあるのかい?

ネット



荷物の固定にはネットもよく見かけるよね。

でも、ゴムのネットだけでルーフ上の荷物が動かない様に固定するのは難しい

ネットがゴムで出来ているからある程度伸びるためだよ。


それに、ネットは網目状になっているから、細長い物など、物によっては隙間から抜けてしまう恐れもある

だから、ネットだけで固定できるのは、
小物は全てRVボックスに入れた状態で、ルーフ上に隙間なく荷物が置かれていて、

かつ

ネットが伸びの余裕が無いほど綺麗に張られている時くらいだね。



まあ、最初からやるには難しいって事だよ。出来たとしても時間がかかるね。




固定する方法のまとめ

RV ボックス+ネット

●ガタガタする
●荷物が飛んで行かない様にするのにネットだけでは不安


RVボックス+ベルト

●しっかり止まる
●積み方に制限がある
●ベルトを沢山使わないと心配


ルーフバッグのみ

●固定は簡単
●バッグの中で荷物がガタつく
●バッグにはベルトが付いているけど、もし一箇所でも切れたらバッグごと飛ばされてる怖さがある

ルーフバッグ+ネット

●バッグのベルトとネットで二重に固定しているので不安はない
●荷物のガタつきも少ない


ルーフバッグ+ベルト

●二重に固定しているので不安はない
●バッグの中の荷物も固定されるのでガタつきもない


ルーフバッグ+ネット+ベルト

●やりすぎとも思えるが一番確実
●取付けに手間がかかる



ポイントは、ただ固定されればいいだけでなく、周りに迷惑をかけない様にすること。

高速道路で自分の前の車のルーフがどんな状態なら安心できるか考えよう。


ちゃんと固定されていないと、飛んできそうで怖いだろ?

それだけでも迷惑だからね。

特に高速道路では荷物が落ちると死亡事故に繋がるので、絶対に落とさないように念には念を入れよう。


ケン太くん
荷物の固定方法にも色々あるんだね。
ルーフバッグとベルトくらいが簡単で確実なのかな?


冬キャン先生
そうだね。
私も最近はその組合せだよ。

適当にバッグに詰めておいて、ベルト2本か3本で固定しておくのが速くて確実だと思うよ。



ケン太くん
でも、ルーフラックを使うのに、必要な物が結構あるから思ったよりもお金がかかるね。


冬キャン先生
そうだね。
ただ、キャリアシステムとラック以外は安い物で揃えれば1万円くらいだよ。

だから、総額45000円あればルーフラックが使えるだろうね。




LESSONのまとめ

ケン太くん
冬キャンプに必要な物が大体分かったよ。
LESSONは今回で終わりなんだよね?



冬キャン先生
そうだ。
もう教える事は何もない。あったとしても無理なんだ。



ケン太くん
作者が飽きちゃったんだよね?キャンプ標識とかどうでもいい事書いてないで、有益な情報を提供して欲しいよ。



冬キャン先生
そうだね。

ただ、最後に冬キャンプで一番必要なものを教えてあげるよ。



それは


キャンプを愛する心


これさえあれば、何とかなる!


ケン太くん
そういうのはいいよ・・・。


冬キャン先生

冗談じゃないんだ。冬キャンプだからってあまり気負いすぎなくても大丈夫だってことさ。

冬キャンプなんて、ストーブの一酸化炭素にさえ気を付ければ、ただの冬のお出かけさ。

自分なりに準備してあれば、色々失敗したって『も〜う、まいっちんぐ!!』って言ってれば楽しく過ごせるよ。


ケン太くん
そうだね。
まいっちんぐ』とは言わないけど、失敗を恐れずに今年冬キャンプデビューしてみるよ。


冬キャン先生
そうかい?LESSONをした甲斐があったよ。
これにてLESSON終了だ!



◎冬キャン先生の冬キャンプ入門講座は今回で終了します。

次回からは、春キャン先生の『花見キャンプではしご酒』をお送りします。



嘘です。


※もしも、冬キャン先生の講義が冬キャンプデビューの参考になったよって人がいたら、下のバナーを押してランキングの投票をしてみてね。

これを書いてる中の人が『飽きながらも書いた甲斐がある』って小躍りするよ。


にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング