おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

キャンプ 世界の童話 大きなカブ①

f:id:rakujirou:20190610072603p:image

 

大きなペグ

 

 

ある家族が、祖父母を連れて、オートキャンプに来ていました。

 

 

おじいさんは、初めてのキャンプで、かなりテンションが上がっていました。

 

 

おじいさん『この歳でキャンプデビューなんて、オラ、ワクワクすっぞ!』

 

 

おじいさんは、最近、芸人の"アイデンティティー"にハマっていました。

 

 

 

 

父『さて、やっとキャンプ場に着いたぞ。早速設営しよう。』

 

 

設営を始めた父母。

 

5歳になる子供の面倒を見ているおばあさん。

 

 

おじいさんは、初めてのキャンプ場に興奮し、ウロウロと散策していました。

 

 

 

 

おじいさん『おや、これは何だろう?』

 

 

おじいさんが、サイトの通路近くで、何かを見つけた様です。

 

 

 

父『あぁ、それはペグだな。』

 

 

 

おじいさん『これが・・・。犬には見えんが・・・』

 

 

 

父『それはパグだろ!ペグだよ。ペグ!』

 

 

 

おじいさん『分かっとるわい!ボケてみただけだろうが!』

 

『お前は子供の頃から冗談が通じないつまらない奴だのう。』

 

 

『ノリツッコミを期待したワシが馬鹿じゃった。』

 

『ばあさん、手本を見せてやれ!』

 

 

 

 

おばあさん『そうそう、私が大好きだった韓流ドラマで大ブレークしたメガネの似合う、あの俳優さんね。』

 

 

 

おじいさん『そりゃ、ぺ・ヨンジュンじゃろが!!』

 

『ぺ、しか合っとらんじゃないかい!!』

 

『しかし、流石、ばあさん。すんなり返さんのぉ。』

 

 

 

おじいさんと、おばあさんは、したり顔でした。

 

 

 

 

父『それはそれとして、そのペグは、前にこのサイトを使った人が抜き忘れた物だから、おじいさん抜いておいてくれ。』

 

『子供が足を引っ掛けると危ないからな。』

 

 

 

 

おじいさん『そうか、じゃあ、ワシが責任を持って抜いておくとしよう。』

 

『このキャンプ場内の、ペグというペグは全て抜いて、お前が帰ってきたときには、キャンパー達から、ペグ抜きマスターと呼ばれておるわい。』

 

 

 

父『いや、それをやったら、妖怪ペグ抜きが現れたって騒ぎになるわ。抜くのは1本だけでいいから。』

 

 

おじいさん『じゃあ、もし抜けなかったら、お前が大事に育てていた、オピネルナイフで切腹したるわい!』

 

 

父『やめろ!やっとの事で、いい色あいになったのに、使えなくなるわ!』

 

 

 

おじいさん『どうせ手入れだけして使ってないじゃないか。』

 

 

 

父『うぅ・・・。何でそんな事知ってるんだ。』

 

『いいんだよ!ここぞってとき使うんだから。』

 

 

おじいさん『だから、ワシの切腹が、ここぞ、って時じゃろうが!』

 

 

父『うるさい!黙って抜けよ!』

 

 

 

 

そんなこんなで、

 

おじいさんは、ペグを抜くことになりました。

 

 

 

 

おじいさん『さて、コレ、どうやって抜くんじゃ?』

 

『頭の先がギリギリ見えるだけじゃぞ。』

 

ギリギリガールズとは違って、本当にギリギリじゃ。』

 

 

『とりあえず、つまんで引っ張ればいいのか?』

 

 

 

うんとこしょ

 

 

どっこいしょ

 

それでもペグは抜けません。

 

 

 

ペグは、地面にズッポリと深く刺さっていました。

 

 

おじいさんがつまんで引っ張ったところで、びくともしません。

 

 

 

おじいさん『こいつ、やるな・・・。ワシに本気を出せという事か?』

 

 

『ワシが本気を出したのは、  初代ドラクエ竜王との戦い以来じゃ。』

 

 

『世界の半分を手に入れたワシを本気にさせるとは・・・。舐めてかかると、こっちがやられるわい!』

 

 

しかし、おじいさんの本気でも、ペグはウンともスンともいいません。

 

 

 

父『おい、じいさん。俺は今から管理棟に薪を買いに行ってくるから、帰って来るまでに抜いといてよ。』

 

 

おじいさん『お、おぉ。分かった。大丈夫じゃ。いや、ダイジョウブイじゃ。』

 

 

 

そうは言ったものの、おじいさんがいくら頑張っても、ペグはビクともしません。

 

 

おじいさんが途方に暮れて、パプリカダンスを踊っていると、

 

一人のキャンパーが声をかけてきました。

 

 

キャンパー①『おじいさん、どうしたんですか?』

 

 

おじいさん『いや、ペグが抜けなくてね。』

 

 

キャンパー①『ペグを抜くときは、これを使うと良いですよ。』

 

 

キャンパーは、そういうと、何やら取っ手の付いた器具を、おじいさんに手渡しました。

 

 

 

キャンパー①『コレは、ペグリムーバーという、ペグを抜くための器具さ。』

 

『さぁ、それを使って抜いてみるといいよ。』

 

 

おじいさんは、やってみました。

 

 

 

 

うんとこしょ

 

 

どっこいしょ。

 

 

それでもペグは抜けません。

 

 

 

おじいさん『何だこりゃ、全然ダメじゃないか。』

 

『ワシがキャンプ初心者だからって、偉そうにアドバイスしおって。』

 

 

『どうせお前も素人キャンパーじゃろ。』

 

 

キャンパー①『そりゃ、ベテランとは言えないけど、普通はそれで抜けるんだよ。』

 

『親切で言っただけなのに・・・。そこまで言わなくても。』

 

 

キャンパー①は泣き出しました。

 

 

 

すると、

 

 

????『アハハハハハハ、そんなんじゃダメさ!』

 

 

どこからか、笑い声が聞こえてきました。

 

 

 

そこに現れたのは・・・

 

 

 

 

つづく➡

キャンプ世界の童話 大きなカブ② - おふざけキャンプ

 

※本作は、カブじゃなくてペグの話です。

カブマニアの方の期待を裏切ってしまった事を、ここに深くお詫び申し上げます。

 

カブにはそんなに興味はないからイイヨ!

って方は、続きをお待ちください。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング