おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

みんなで忍者コスプレ「伊勢忍者キングダム」に行ったら大満足だったの巻

『伊勢忍者キングダムレポ』




(注意)最初に断わっておきますが、決して内部の回し者ではありません。

そう。怪しいものではないでござる








とにかく行ってみて欲しい。


こんなにお得なテーマパークは珍しい。





それでは、伊勢忍者キングダムの魅力を紹介するレポをご覧ください。

でござる。




おやつタウンから伊勢忍者キングダムへ


夏休み最終日、朝からおやつタウンへ行ったものの不完全燃焼だった我が家。




その様子はこちらから ドロン!




この消化不良はベビースターの食べ過ぎによるものではない。



多分・・・。






このままじゃ帰れないでしょ?

と、急遽向かったのです。




そこは、おやつタウンから45分


三重県伊勢市二見町にあります。

(大阪・名古屋から約2時間)



何かの満足度ランキング三部門で1位はダテじゃない。

※場内の至る所でアピールしてますがよく分からないランキングです。







それが

伊勢忍者キングダム!!





到着

エントランス

砦のような外観です。



誰が攻めてくるのでしょう?




もちろん、お客さんですね。





さぁ、攻め込むぞ!



とその前に

まずはこれをみて欲しい!

駐車場トイレ

入園する前に使えるトイレです。



中を見て衝撃を受けました・・・。




男子トイレの数がハンパない!


(誰もいないし・・・)



そこらのサービスエリアよりも多い。


これが駐車場にあるんですよ。




団体客が全員トイレを我慢しながらやってきても安心です。





そんな状況が嫌ですが・・・。




コレを見ても分かるように、伊勢忍者キングダムは、規模が異常にデカいんです。






そして、経営母体が変わるたび、リニューアルを繰り返して迷走しているかに思えるテーマパークです。




以前に2回ほど訪れた事がありましたが、お風呂が出来てからは行ったことありませんでした。



行かなかった理由は、料金が上がったから



今回行く事にした理由は、
ツリートレッキングが出来る事が分かったから




結果的に、おやつタウンでアスレチックをやらなかった事で伊勢忍者キングダムに行くことになり、



おやつタウンに感謝です。






そこで、同じ三重県にあるテーマパークである

おやつタウンとの比較をしながら施設を紹介




比べるのがおかしいですが


同じ日に行ったんだからそりゃ比べるでしょ?



広さ

おやつタウン

延床面積 1,200 坪



伊勢忍者キングダム

敷地面積 33.4ha

真ん中に無駄に池があったりします。



まあ、工場一つと城下町全体を比べればそうなります。




来場者数(混雑状況・待ち時間)

実際の来場者数なんて私には分かりませんが、

当日(8月31日土曜日)の駐車場の車の数は「おやつタウン」の方が圧倒的に多い印象です。


おやつタウン


お昼はフードコートの座席待ち。

ミニゲームをやるのにも5〜10分は待つ。




アスレチックは最低30分待ち。

最高は200分待ちと表示されていた。




伊勢忍者キングダム

人が多いと一切感じない。


アトラクションでの待ち時間?

表示するパネルすら存在しません。





つまり


伊勢忍者キングダムはガラガラなんです。


もちろんお客さんはいるんですが、敷地・施設の規模が馬鹿でかいので、何をするにも待ちません。



待ち時間なしのテーマパークって快適ですよ。




ツリートレッキングを申し込んだときも、『ちょっと待ちです。』って言われたのに、

スタート地点に行ってみると、誰もおらず、そのままスタート。


『待つって言われたんだけど、待たなくていいの?』って不安になりました。


結局、申し込みからスタート・ゴールまで一度も止まることがありませんでした。



というか、誰にも会いませんでした



料金 (ツリートレッキング込み)

おやつタウン

大人700円

アスレチック2500円


合計3200円


伊勢忍者キングダム

通行手形4900円

ただし、JAFやUCSカードなどの割引が沢山あるので、どれか使えば、少なくとも1割引にはなります。



別料金のゲーム(1回500円の吹き矢とか手裏剣とか)などもありますが、我が家は一つもやってないのに、大満足です。


『通行手形』は、この金額で


忍者のコスプレをして、



ツリートレッキングができて、



必ず笑わせてくれるお芝居を複数見られて、



いくつかの怪しいアトラクションができて、





しかも、





温泉付き!




込み込みの金額なんです。





ここまで説明すれば、おやつタウンが可哀想になるのを分かってもらえると思います。



なんてったって総工費300億円(プラス改修費100億円)らしいですから。

(おやつタウンは35億)





そこで、比較はここまでにして、私のおススメを紹介します。




おススメ

忍者森のアドベンチャー

(ツリートレッキングです。)

コース内の撮影が禁止なので、詳しくはHPをご覧ください。

伊勢忍者キングダムホームページへ



最後はヤグラに向かってジップライン


最初に簡単な説明がありました。


前の人がOKを出してから次の人が行くように。


泣こうがわめこうが、最後まで行くしかないので頑張って。






以上。




通常のツリートレッキングであるような長ったらしい説明は一切なし







結構な高さのジップラインですが、



人間、逃げ場のない状態だと、何とかなるものです。




途中で係員の姿を見ることはありませんでした。



本当に何が何でもやるしかない状況です。




しかも、最後はヤグラに到着したら自分で命綱を外して階段を降りてくるんですが


命綱を外す場所がヤグラの上なので、クラっときたら最上段から落ちます。





過保護な現代社会に一石を投じる管理体制。




『ここは戦国の世。自分の身は自分で守るのだ』ということでしょう。





山田奉行所

大岡越前のお芝居ですが、基本はお笑いです。


演者さん達が観客をいじってきます。



大忍者劇場

忍者のお芝居ですが、こちらも最後は爆笑必至です。




忍者からくり迷路

施設は古いですが、子供は喜びます。





ゴール!



期間限定イベント

忍者大合戦(8月いっぱいで終了)

オモチャの刀で殴り合って現金を奪い合うという、ゲームを装った戦争です。



腕につけたボールの的を落とされるか、腰に付けた巻き物に手裏剣を付けられると負けというゲーム。





参加者全員で刀と手裏剣で戦います。




最後まで残ると1位は1万円
2位は5000円3位は3000円の賞金が出ます。







えぇ、現金です。






マジか?と思いました。



しかも、通行手形で入場してれば、参加料は無料です。




テーマパークが公式にやるイベントの域を超えてるでしょ?



我が家は早々に負けましたが、見てるだけでも大盛り上がりの楽しいイベントでした。



だって、見ず知らずの他人同士が、お金をかけて刀で殴り合うんですよ




賞金総額232万円だったそうですが、大丈夫なんでしょうか?



できれば、またやって欲しいです。


お風呂

この建物内にあります。



こちらも写真が撮れないので、ホームページで見て欲しいんですが、床は畳敷きで足元が気持ちいい!

ホームページトップへ



当然、洗い場の数はものすごく多いです。





団体客が『今すぐ身体を洗いたくて仕方ない状況』でやってきても安心ですね。







コスプレ

忍者のコスプレ料金が通行手形に込みになっています。




服の上から着られるのでお手軽なコスプレでした。



着替えはお風呂の脱衣所でコインロッカーも使えるので楽チン。



場内の半数以上が忍者のコスプレでうろついています。



着てないと逆に恥ずかしかったので、私も着ました。







普段コスプレをしない人でも気軽に楽しめるのので、是非着てみて欲しいです!







伊勢忍者キングダムのまとめ

とにかく規模がデカい



込み込みの金額設定なので高く感じるが、実はお得



笑えるポイントがいっぱいで、みんな笑顔になれる



いつなくなるか分からないから早く行った方がいい





以上、大満足のテーマパーク

伊勢忍者キングダムのレポでした。


ニンニン。


『行ってみたいな』と思った人は、下のバナーを押して応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング