おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

『普通のキャンプ場じゃない』ってどういうこと?【松阪わんわんパラダイス森のホテルスメールオートキャンプ場】

松阪わんわんパラダイス森のホテルスメール オートキャンプ場レポ



今回は10月の三連休に行ったキャンプのレポです。



ネットで調べても事前情報がほとんどなく、電話予約の時にいくら聞いてもどんな所か分からなかった珍しいキャンプ場でした。


もしも行く人がいるなら・・・。と思って記事にしました。

基本情報

所在地

三重県松阪市

利用料

サイト利用料3300円(2名まで)
1名追加毎1100円
犬利用料1100円

設備

電源:なし
サイト:芝生
車の横付け:可能
トイレ:和式
炊事場:水道程度
風呂:ホテルの温泉
ゴミ:回収あり

電話予約の時言われた事

● 普通のオートキャンプ場じゃない

●キャンピングカーで来た方がいい

●サイトの広さは分からない

●ピルツ19を張れるスペースがあるかは分からない

●パターゴルフ場の空いてる所に設営してもらう




はぁ?!!


大喜利のお題【こんなキャンプ場は嫌だ】みたいになってる!


なにそれ?
やる気あるの?

というのが素直な感想でした。


まあ、ホテルに併設されたキャンプ場なので、電話に出たホテルの従業員にはキャンプ場なんてやる気がないのは分かりますが・・・


不安材料多すぎ!


おおよそでもいいので、どれくらいの広さか教えて!と聞いても、『パターゴルフの邪魔にならないスペースで』としか答えてくれない。


どんな聞き方をしても、答えは同じ。

『パターゴルフ場の空いているスペースで邪魔にならない様に・・・』と
『普通のキャンプ場ではないので・・・』
を交互に繰り返されます。


何だか国会中継で見る官僚の答弁みたい・・・。


20分くらい電話で聞いたけど、結局、『持って行ったテントが張れるかは、来ないと分からないですね。』との結論になり、お互い笑ってしまいました。


不安もあったけど、もう、こうなったら見てみたいと思い、雨予報の中、出かけることにしました。

※ちなみに、係の人の電話応対は非常に丁寧なものでした。話しやすく親切ではあるけど、キャンプの事は分からないという感じでした。


到着

ホテルのフロントで受付



わんわんパラダイスなので、エントランスには犬の足洗い用シャワー



ホテル泊じゃないので関係ありません。



というか、今回、台風直後ということもあり、犬を連れて行かず、娘と2人だけで訪れました。



『普通のキャンプ場じゃない』と言われたのに対して、
【わんわんパラダイスなのに犬を連れて行かない】という返し技です。



エントランス付近には綺麗なドッグラン


犬がいれば喜んだことでしょう。


早くも返し技へカウンターをくらいましたね。



チェックイン

わんわんパラダイスなのに犬を連れて来ていないと告げると、一瞬フロントに衝撃が走りました。

「こいつ・・・、何しに来やがったんだ」と思った事でしょう。


でも、さすがプロ。すぐに切り替えて受付してくれました。

説明の紙をもらい、利用方法の説明を受けました。

料金

サイト利用料3300円(2名まで)
オートキャンプ場ガイドの10%クーポン利用で2970円

主な説明


●直火は禁止(脚の付いたコンロを使用する事)

●パターゴルフの邪魔にならない所に設営する事

●民家が近いので、夜間音楽をかけたり騒がない事

●温泉施設を利用する際にはパスカードを首からかける事

●20時以降の温泉利用はホテルの入口から入ること

など。


温泉の利用料はサイト利用料に含まれています。
しかも、ホテルの宿泊者と同じ時間に利用でき、翌日の朝まで入浴可能とのこと。



温泉に入り放題でした。



サイトとなるパターゴルフ場はホテルから少し離れているので、車で移動になります。

サイト

どうしても見てみたかったサイト



パッと見綺麗です。



確かにパターゴルフ場でした。


空いている所を探すと、一番広いのがクラブハウス前

わんわんパラダイスキャンプ


綺麗な芝生です


ここならパターゴルフの邪魔にならない。


っていうか


誰もパターゴルフやってないじゃん!


とにかく、他に設営できそうなスペースがないので、ここに決めました。

問題の広さは、ピルツ19が張れるくらいはありました。



一番広い所で7m×9mくらいかな?

※歩幅で測ったのと、形が台形なので誤差がありますが、ここなら『大型幕でも一つなら張れる』と言えるでしょう。


設営前に、せっかくなのでパターゴルフをやりました。


立派なクラブハウスの受付がありますが、無人です。
ホテルの受付で申し込みをする形がとられています。



料金は
大人:1100円
子供:550円

コースがめくれているからとの理由でこの料金から半額になりました。



確かに、めくれてるというか、ボコボコで原形が分かりません


これで正規の料金を取られたら確かに腹が立つでしょう。


っていうか、『邪魔にならないように設営しろ』と言うほど大事なパターゴルフ場とは思えませんね。


とは言いつつも、誰もいなかったので、娘と18ホールをゆっくり回ることができ、値段以上には楽しめました。


もちろん、まともなラウンドはできません。

カップに水が溜まってる所があったり、カップ周りが盛り上がってて、絶対にカップインできないホールがあります。



設営

当初はピルツ19の予定だったのが、サイトの広さが分からなかったので、ケシュアのリビングシェルターのみの簡単設営としました。

松阪わんわんパラダイスホテルキャンプ場


リビングシェルターの中でボードゲームをして過ごしました。


予約の時にも聞いていたんですが、他にキャンプ場の利用者は無し。

貸切です。


問題のパターゴルフも他に1組だけの利用(しかも超短時間)でした。



誰もいない静かなパターゴルフ場でボードゲーム・・・。


シュールです。


暗くなる前に温泉に行くことにしました。

温泉


ホテルに併設された立ち寄り湯も可能な温泉施設『香肌の湯』(かはだのゆ)

綺麗な施設です。


立ち寄り湯用に券売機があります。

【料金】
大人:700円
子供:500円


キャンプ場利用料にこれが含まれていると考えるとお得です。

しかも、朝風呂も入れる!


【畳の休憩スペース】

ジュースとアイスの自動販売機の値段も普通の価格

ロッカーは入口前に無料の物があり、自由に使えます。

ホテルに併設されているので、当然シャンプーやボディーソープは備え付けがあります。


温泉施設ですが、露天風呂は温泉ではなく、浄水です。
温泉は内湯の一箇所だけでした。

湯量が少ないのでしょう。

お湯は茶色っぽく、無臭。

温泉から出た後は身体が温まってるのを感じました。


夕食〜就寝

晩御飯は焚き火台で2人でBBQ。



その後は焚き火




誰もいないし、民家も結構離れているので音もしません。


山の麓にあるので、サイトからの景色は悪くない。
ただし、パターゴルフ場越しです。

日中



早めに就寝しようと思いましたが、娘が寒いというので、車中泊する事にしました。

夜は雨予報だったのでケシュアのリビングシェルターでは使いにくいだろうと、初めから車中泊も予定していました。


深夜から雨が降り出しました。




翌朝



翌日も雨




せっかくなので

朝風呂に入りました。



ゴミの置き場所が分からなかったのでフロントで聞き、言われた場所に置いておくことに。

ほとんどキャンプの客が来ないのでしょう。



その他

トイレ

綺麗です。

和式のみ

娘に聞くと、女子トイレも和式のみだった様です。

温泉やホテルには洋式もあると思います。


炊事場

バーベキュー場に水道があります。


川遊び

夏は近くの川で、犬も一緒に川遊びが出来るそうです。

台風後なので荒れています。


ドッグラン

キャンプ場(というかパターゴルフ場)にもドックランがあります。


遊具

ちょっとした遊具もありました。

補足

売店はホテルのフロントにあるお土産物売り場しかありません。

薪や炭も持って行った方がいいでしょう。
(有料のバーベキュー場があるくらいなので炭くらいはありそうですが未確認)


●高速のインターからの道は、それほど山道という感じではなく、カーブも信号も少ないので走りやすかったです。


感想


● 確かに普通のキャンプ場ではなかった。

● 格安でキャンプができるパターゴルフ場

● ある意味で1日ひと組限定の貸切りキャンプ場

● オートキャンプ場ガイドにはサイト数15ってあるけど
どこの事を言っているんだろう?

●いつなくなるか分からない(特別な施設があるわけではないので、『辞めます』と言われればそれまで。)



以上、『普通のキャンプ場じゃない』と言われた【キャンプの出来るパターゴルフ場】のレポでした。

参考になったら下のバナーを押してね。


にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング