おふざけキャンプ

キャンプの事で頭がいっぱい

キャンプ世界の童話 大きなカブ③

f:id:rakujirou:20190614092109p:image

大きなペグ③

 

前回②はこちら

 

 

そこに現れたのは、おばあさんでした。

 

 

テントの中で孫と遊んでいたおばあさんが、おじいさんの背後で仁王立ちしていました。

 

 

おばあさん『ジジイ!袴田、袴田って、うるさいわ!』

 

『ペグを抜くのにいつまでかかってるんじゃ!』

 

 

『ペグなんて、こうすりゃ抜けるじゃろ!』

 

 

 

おばあさんは、そう言うと、刺さっているペグに向かって、もう一本のペグをハンマーで突き刺していきました。

 

 

 

そして、刺したペグを持ってグリグリと回し始めました。

 

 

おばあさん『これがアルキメデス直伝のテコの原理じゃ〜。』

 

 

 

すると、ペグは徐々に姿を表し出しました。

 

 

 

おばあさん『ほれ、ここまで見えたら、後はこうじゃ!』

 

 

『ほりゃっ!ドラゴンスクリュー!!!』

 

 

そう言うと、おばあさんは後から刺した方のペグを持って跳び上がり、空中で華麗に横回転しました。

 

 

刺さっていたペグは、おばあさんの横回転により見事抜けました。

 

 

キャンパー①『あの技は!間違いない!伝説のペグ抜き三大奥義の一つ、ドラゴンスクリューだ!』

 

 

キャンパー②『なぜ、こんなおばあさんが伝説の奥義を?!!』

 

 

 

おばあさん『ほれ、抜けたぞ。』

 

 

 

おじいさん『ばあさんが、なぜそんな技を・・・?』

 

 

 

おばあさん『実は・・・。ワシは、おじいさんと出会う前に、数年間、キャンプの修行で山寺にこもっていたんじゃ。』

 

 

『この技は、そのときにお師匠さんから伝えられたものじゃ。』

 

 

おじいさん『そんな・・・。ばあさんに、そんな過去があったなんて・・・。』

 

 

おばあさん『黙っていて悪かったよ。おじいさんはインドア派で、キャンプなんて嫌いなのかと思ってたんじゃ。』

 

『でも、おじいさんがキャンプを好きになってくれるんなら、これからは、二人でキャンプに行くことにしようかの?』

 

 

おじいさん『そうじゃな。本物のベテランキャンパーと一緒なら楽しそうじゃ。』

 

『色んな奥義も見てみたいし。』

 

 

 

キャンパー①『師匠!是非とも、今の技をご教授ください!』

 

 

キャンパー②『いや、私にこそ、お教えください。私は年間20泊もしている・・・。』

 

 

おばあさん『うるさいわ!』

 

『この技は一子相伝。息子か孫に教えるつもりじゃ。』

 

 

 

おじいさん『こりゃ、これからの人生も楽しくなりそうだわい!』

 

おわり

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング